TMD Web Site
 

PC-SITE
All TMD products can be bought from this WEB PAGE.


QUANTUM

 
 

QUANTUMは10年ぶりに再開したTMDタップの第二弾です。先に発表したTRIOは6口でしたがQUANTUMは8口ありますのでTRIOではコンセント数が足りない方に適しています。またTRIOでは三種類のメーカーのビンテージ・コンセントを使用していましたが、このQUANTUMでは全てGE製のVINTAGEコンセントに統一しています。使用線材の使用法..つまり回路によって音色を調整しています。内部には数種類のスタビライザーが配置され電流の量と音質について注意深く設定されています。一般的に一つのタップにて殆どのオーディオ機器の電源をまかなうことは事実上、困難でありますがTMDのこの10年ぶりの作品達の場合、それを唯一可能にしています。大抵のオーディオタップは外側のケースにお金をかけたりコンセントを自社生産(改良含む)したり内部線材を高級なものにしたりする程度で企業努力は終わっていますが、実はそこから先が大事なポイントですただ、同じような性能のコンセントがズラッと並んでいるだけのタップはやがて時代遅れになります。今後はタップに繋ぐ機器の音質補正や最適な電流配分まで考えた「戦略的」なタップが望まれます。TMDの戦略的タップはその期待に応えるものです。

QUANTUMの音色

(使用LINE CABLE(PRE-POWER)はKGB3、デジタルはウラノス)

音質についてはTMD試聴室での以下のレポートお読みください。 

メロディ・ガルドーを聴く


さていつものようにメロディ・ガルドーの7曲目から始めます。イントロが終わって演奏に入った瞬間、背後にあったざわめきのような音に気付きました。いつもの事ですが何かを変えて、これまで聞こえなかった音が確認できるのはオーディオ冥利に尽きます。全体としてリファレンスに使用している10年前の「TMD TAP」に比べ、QUANTUMは、例えるなら16ビットのマス目が24ビットもしくは32ビットのマス目に分解能がUPしているかのように聞こえます。これは「よう」に聞こえるのではなく事実です。良い点を列記すると明晰でいて同時に耳あたりは柔らかい事です。普通はハードエッジになると音が先鋭化するので耳にはキツくなります。それがならない、そこが凄いところ。そして定位の出方がこれまで以上に明晰極まりないことになります。実際の音はここまで明晰では無いのである意味、現実以上の音を聞いていることになるのでしょう。スーパーナチュラルという言葉をやや超越している感があります。勿論、この試聴ではライン(PREとPOWERの間)にKGB3を使っていますから、そこでの相性の良さも入っていると思いますが..それにしても素晴らしい音です。この音は完全にリファレンスTAPより良いです。

寺島セレクションを聴く

 

寺島さん編集のCDから9曲目。シンバルの余韻、広がりが平面的でなく立体的だ。そしてシンバルらしい芯のある実体感がある。そして、その後ろの場にさえも、ちゃんと立体的形状を感じるのです。壁のようなものが在るのを認識できます。恐ろしいリアリズムです。そしてシズル・シンバルの余韻のエンベロープ(音が減衰していく時の形状)の自然さが素晴らしい。ピアノは柔らかく、優しい、申し分無い出来だと思うのです。全体的にリリカルな曲のムードが情感たっぷりに表現されます。次第に気持ちが良くなってきます。このままずっと聞いていたくなるようなサウンド。

クラプトンを聴く

 

このアルバムの4曲目ではクラプトンの声の出方をチェックしますが、声の定位、口の大きさ、精密感漂うその光景はライカの銘レンズを通して見た世界のようです。幸せ感が広がる音、上も下もしっかり出て、その間に充実したボーカルが、ただただ在る...。至福のひととき。

 このQUANTUMタップについて最後に一言だけ、TMD試聴室のタップをコレに変えることを決意しました。

推薦する使い方

※クレジットカード(コンビニ払)で購入の場合はこちら。
QUANTUM 銀行振込割引価格¥263,500  
数量:
スマホ対応の商品ページ
 


Contact

Total Music Design 
TEL:03-3623-8351